2006年02月26日

菜の花とレンコンのフリッジ

huriji.jpg nanohanapasta.jpg


さぁ今週から始まりました。

Anubis 22の“カルマでCooking!”

皆さん毎日作る料理が、日本人なのに な・ぜ・か 中華料理になってしまうあなた。
そう、いたんですよ!中国に…。
そして、な・ぜ・か 無国籍料理になってしまうあなた。
もうおわかり、いろんなところにいたんですよ!絶対。

と、いうわけでこのコーナー、なんちゃって前世を探求しながら、ナチュラルマジックネットの3人(他の2人には確認してません…)が日々のカルマレシピを紹介します!


まずはトップバッターは私、Anubis 22です。よろしくお願いしま〜す。

わたし、なぜか日々の料理がイタリアン…。
どんな和風食材もなぜか手がかってにイタリア仕立てにしてしまいます。

イタリアのフィレンツェあたりで修道士でもしていたのでしょう。
どうも行ったことないのに知っている感じがします。多分聖フランチェスコともまぶダチだったかも知れません。

そんな私が今日作った料理は、いつもお本当に世話になっている方から頂いたラ・テラ・エ・イル・テエロ社のオーガニックフリッジを使って、菜の花とレンコンとツナで春らしいパスタ。



☆☆作り方〜いたって簡単!☆☆


@よくガーリックで香をつけたオリーブオイルで、歯ごたえが感じられるくらいにスライスしたレンコンを炒める。もちろん皮つきで!

Aお湯に大目の海塩をいれて、フリッジを硬めにゆでる。

B@にツナを加え、トマトピューレを絡め、パスタのゆで汁と醤油少々、ハーブミックスで味付け。(塩味はパスタのゆで汁でつけるのがコツ!)

Cさっとゆでた菜の花とその他全てを絡めて出来上がり。


<勝手に効能!>

この時期、開花寸前の花や蕾を食べることは春の花粉症を軽減させると私は考えています。苦味の野菜を食べることは、冬に蓄えた脂肪を溶かすご利益もありそう。
レンコンも気管支系に作用しますので呼吸器にアレルギーを持っている方はこの時期積極的に食べましょう。その際、皮をむかず、節も捨てずに使うのがナチュラルマジックです。

♪マクロビな方へ

完全に菜食にしたい場合はツナを抜いて、粒マスタードなどを絡めるとまた美味しいです。
トマトピューレを使うときは味噌を隠し味で使うと、まろやかになり陰性になりすぎなくなりますのでお試しください。


パスタのコツはあらためて書きます!
beijaflorさんのブラジルレシピも紹介して欲しいなぁ。期待してます!











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。