2006年04月19日

井戸という皆元(みなもと)は一つ

『anubisマクロビ日記』

先日、青山の我やというお店で行われた「マクロビ井戸端会議」
というイベントに参加してきました。

私は伊豆長岡温泉のこだま荘での、第1回、第2回の
マクロビ井戸端会議の企画者の一人でしたが、今回はなかなか氏
マクロ美風さんのお二人が中心になって開催して頂いたので
私は、一参加者としてとても気楽に楽しませていただきました。

そもそも井戸端会議は主催者と参加者の区別を曖昧にするのが
目的でもあったので、あまり主催者という感覚はないかもしれませんが、
そこはやはり50人もの参加者を迎えるのですから、お二人のお気遣い
は大変なものだったでしょう。

井戸には、泉や源水という根源的なイメージがあります。
地中からコンコンと湧き出でる水は、シンボル的には
女性性を現します。

井戸端会議という名は、、無限に湧き上るインスピレーションの中で、
女性達が尽きない話し合いをしているイメージでつけてみました。

つまり、生命の根源につながりながら、平和的に語り合い続ける…。

そう、別に結論が出なくてもいいのです。
結論を出したがるのは、男性原理なんですね。
結論は出た瞬間に反論が起こります。

つまり、結論を出すから、喧嘩になるんですね。
結論を出さずに永遠に話し合い続ける…。

これが来るべき女性的な世界観だと思います。

泉である温泉で始まったマクロビ井戸端会議が、沸き出でるか
のように各地に広がって「細く、長く、遍く(あまねく)」続い
ていくことを願っています。


※コメント欄(7)に訂正&お詫び文掲載しました。(4/23)
posted by anubis 22 at 11:39| Comment(7) | TrackBack(4) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
anubis22さん、先日はありがとうございました。
久しぶりにお会いできて嬉しかったです。
いつもanubis22さんとお話しすると
新しい気付きがあってはっとさせられます。
すっごく刺激になります。

今回改めて、名古屋で燻ってる場合ではないと
ひしひしと感じたので
これからもせっせと東京に出かけていきますね。
またお会いできるのを楽しみにしてま〜す。

久しぶりにブログ更新したのでTBさせていただきました。
Posted by 怪鳥 at 2006年04月21日 02:26
anubisさん、ようやくお目にかかれて感激しました!
子連れで私自身がバタバタしてしまって、腰を落ち着けてお話できませんでしたが、少し話しただけでス〜っと繋がるのを実感しました。
泉が湧き出るごとく、もっともっと話し続けたかったですね〜。
「細く、長く、遍く」ですから焦ることはありませんね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by rei at 2006年04月21日 11:17
井戸端会議の原点の記事を、じっくり読ませていただきました。
とても、大切にしたい内容です。
事後報告で申し訳ありませんが、全文コピーさせていただきましたことを、お許しくださいね。
2本、TBさせていただきました。
Posted by マクロ美風 at 2006年04月21日 21:49
☆怪鳥さん、お疲れ様でした!

私もお会いできて光栄です。

人が幸せであることに気づくためのツールだったら
何でもいいわけなんですよね、ほんと。

私たちにとって、たまたまそれがマクロビだったというだけ…。

多分それは無限にある一つのツールでしかない。

そのスタンスを忘れてしますと、つい押し付けがましくなってしまいますよね。

お互い心地の良いマクロビの楽しさの伝え方が出来る
といいですね。
怪鳥さんとお話できてとても良かったです!


Posted by anubis 22 at 2006年04月22日 08:43
☆reiさん、こんにちわ!

マクロビ井戸端会議楽しかったですね。

私にとってreiさんは想像どうりの方でした。
ナチュラルで、良き母でありながら、内に秘めた
熱い自然や人生への想い…。でも論理的で冷静な
思考も出来るバランス感覚。

ブログから飛び出てきたような(笑)

また、ゆっくりお話しましょうね!
きっとまだまだ、同じ想いで共感できると思います。
Posted by anubis22 at 2006年04月22日 08:51
☆マクロ美風さん、こんにちわ!

先日は大変お疲れ様でした。

引用して頂いてありがたいのですが、
こんなマニアックなブログが貼り付けてあったら
風さんの読者さんが怪しまないか心配です(笑)

マクロビ井戸端会議が色々なところで花開くこと
はとても楽しみですね。

でも無理をせず、のんびりいってくださいね。
陽性な集まりは、引っぱれて過ぎることもありますから
時々切り離すことも有効ですよ。
Posted by anubis22 at 2006年04月22日 09:02
◆この記事に対する訂正&お詫び文

思わぬところで、この記事が議論の対象になって
いるので、若干、訂正とお詫びを申し上げます。

まず、この記事の中の「女性的」「男性原理」という
言葉はそのもの「女性」「男性」を表すものでは
ありません。
女性の中にも「男性的」な人はいますし、逆もしかりです。

むしろ、「直感的」と「思考的」の比喩として捉えてください。

また、「結論を出したがるのは男性原理なんですね」
と断定したような言い回しをしてしまったことは、
世の男性に不快な思いをさせてしまったかと…。

これは、断定したがる自分(実は男なんです…)に対する
反省を込めた言い回しだったのですが、結局また断定
してしまいました(笑)

最後に「来るべき女性的な世界観」とは、これもまた、
「女性原理の時代」ではありません。

男性原理的時代と女性原理的時代の交換は永い地球の
歴史の中で何度も起こっていることです。

男性原理主義も女性原理主義も善悪ではなく、今まで
の地球には必要があってあったものです。

でもこれからの時代は、一人一人が自分の中で男性性
女性性を調和させ、二元性を超えたスーパーな人間に
成長し、そんな人々が創り出す進化した時代という意味での
「調和の時代」という願いなのですが…。

確かにこの文では誤解がおきてもしょうがない表現
でした。

言葉って難しいですね。

でもとても勉強になりました。意見を下さった方々、
本当にありがとうございました。このコメント欄を通じて
お礼とお詫び申し上げます。

Anubis 22




Posted by anubis22 at 2006年04月23日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16761360

この記事へのトラックバック

マクロビ井戸端会議
Excerpt: 4月16日(日)に東京で開催された マクロビ井戸端会議に行ってきました。 メルマ
Weblog: マクログ??マクロビオティック・ブログ
Tracked: 2006-04-21 02:23

「マクロビ井戸端会議」に込められた想い
Excerpt: Natural Magic SchoolのAnubis22さんが、今回の「我やマクロビ井戸端会議」によせて、とても奥深く、格調高い記事を書いてくださいました。 Anubis22さんは、kodam..
Weblog: ♪マクロビオティックが楽しい♪(マクロビの心=平和)
Tracked: 2006-04-21 21:38

「我やマクロビ井戸端会議」を終えて
Excerpt: 2006年4月16日(日)、12:00〜15:00まで、「我やマクロビ井戸端会議」が開催されました。 参加人数は55名。 男性のみ、女性のみ、独身者・ご夫婦・お子様づれ・一家全員でのご参加と、まさ..
Weblog: ♪マクロビオティックが楽しい♪(マクロビの心=平和)
Tracked: 2006-04-21 21:38

マクロビ井戸端会議の記事
Excerpt:  マクロビ井戸端会議4月@GAYAから一週間、参加者の皆さんの関連記事をご紹介します(発見順)。これらを読んでいると当日の楽しい雰囲気が伝わってきます。皆さんどうもありがとうございます。もし漏れや間違..
Weblog: マクロビという考え方 (マクロビオティック情報)
Tracked: 2006-04-24 00:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。