2006年06月17日

お米のサトルマクロ的考察@

さて、久しぶりのサトルマクロのコーナーです。

今回は「お米」についてのサトルマクロ的考察をシリーズで綴ります!

■ゼロポイントとしての種

ではいきなり、サトルマクロらしく幾何学と漢字から入ってみましょう(笑)

56.JPG

himizu.JPG

『火』という漢字の各点を結ぶと、上記左は五芒星を形成します。同じく『水』の各点を結ぶと、上記右の六芒星を形成します。これは「5」が火の時代、「6」が水の時代を象徴します。私たちは今「水の時代」に居るとも言われています。

では「6」以上はどうでしょう?

78.JPG
hikari.JPGkome1.jpg


「7」をあらわす七芒星『光』。私たちがこれから目指すところですね。そして「8」をあらわす八芒星はなんと『米』〜(コメ)!?え〜お米の時代がくるの〜。

あわてないあわてない

『米』という字は、おコメそのものをあらわしてるのではなく、エネルギーの中心性を現しています。つまりエネルギーが均衡状態を保った「0」(ゼロ)の状態です。

では、なぜ「8」が「0」になるかと言うと、「8」の上下端をつまんでくるりと左右逆方向に回してください。

80.JPG


はい「0」に戻りました(笑)
つまり「0」と「8」は表裏一体なんです。

私たちは常に「0」から始まり、「8」で再び「0」に戻る…。
そして「8」を通過することで次元の上昇を経験します。

つまり「0」も「8」もすべてを内包する種をあらわしています。

ゼロ、無、無限、∞(インフィニティー)

この種である「0」と「8」がお米に象徴されていることはもうおわかり!

ではまた来週〜


この記事へのコメント
anubis22さんこんばんは。
要望を記事にしていただいてありがとうございます。
なんとなく、正解なのかどうか分からないけど、お米は火(温度)と水と光と人によって育ち、それらの要素を含んでいるという事とお米そのものが「平均」「調和」「バランス」「中庸」「求心=遠心」「始まり=終わり」などを表しているのかな?と感じました。

謎解きの様で面白いですね。次回も楽しみにしています。
Posted by たけ at 2006年06月18日 00:43
☆たけさん、早速のコメントありがとうございます!

方々のブログでお米の有益で実用的な情報はいっぱい
出ているので、ここではあえて夢とロマンをかきたて
る(?)ライス・コード(ダビンチは読んでませんが
笑)風にアプローチしていました。

だから正解はありません(笑)

多分私もたけさんと同じような結論に達すると思いま
す!

サトル・マクロの主食は夢、可能性、ロマン…。
副食は物質というところでしょうか。

割合は3:1ぐらいで食べてます。




Posted by anubis 22 at 2006年06月18日 08:36
お早うございます

物の見方、考え方は 視点が少しかわると本当に変わります
なんて面白いんだろう〜って思えたら可能性が広がる
正に陰陽の世界
2極に分かれている様で 一つになっている
答えがあって答えが無い・・・

私の中では・・・通過点としての『ゼロ』
<今日も何故か、ハリビです・・・笑>
Posted by 鍼美 at 2006年06月18日 09:00
わ〜い!お米の記事ですね!待ってました!
関係ないけど、8がうまく書けると嬉しいのはそのせいかなあ。
Posted by fanta at 2006年06月19日 00:50
☆鍼美さんおはようございます!

物事を一面的に決定するより、多面的に色々な視点から
捉えたほうが、いろんな可能性が出てくるし、人生が
豊かになっていくような気がします。

結局現実は、自分の捉え方しだいでいくらでも
変わってしまうような曖昧なものなのかも知れま
せんね!
Posted by anubis 22 at 2006年06月19日 07:50
☆fantaさん、こんにちわ!

まさにそうですね。数字の中で「0」と「8」
だけが対称性を保ってますね。(シンメトリー)

左右(陰陽)のバランスがとれるということは、
魂にとって一番嬉しいことなんですねぇ〜(笑)

Posted by anubis22 at 2006年06月19日 07:55
米は8でもあり0でもあるのですね。な〜るほど。
米は稲を束ねた象形文字でもあり、八十八でもありますよね。
桜沢先生は、結構7がお好きだったようですが、8にはかなり深い意味深長なるものがありそうです。エントロピーのバランスを束ねる。ゼロがエントロピー全体とするならばぎゅっとスパイラルさせた8はエントロピーの中心と見えますね。

四国八十八箇所の数字も、意味があるような気がしてきました。(いや、もちろんあるのでしょうが・・・。)

厄年でもある88歳。月の暦とも何かかかわりがあるのでしょうか?

なんか、面白くなってきましたね。

Posted by たま at 2006年06月20日 22:42
☆たまさん、興味深いコメントありがとうございます!

おっしゃるとおり「88」にはとても深い意味がこめられていると思います。

米=「8十8」

「十」に沿って縦の「8」と横の「∞」を重ねると、四葉のクローバーになります。
(四葉のクローバーが幸福のシンボルなのも実は迷信ではないんですね)

このシンボルは、スターゲートと言われ、私たちの3次元世界を超えた
多次元又は、その多次元に存在すると言われる宇宙のホストコンピューター
「アカシックレコード」にアクセスするキーシンボルとも言われています。

空海はその「アカシックレコード」へアクセスし宇宙の叡智を民衆に
広めようとしました。 

空海の書いたと言いわれる「虚空蔵求聞持法」はその方法を記したとも
言われているので、その空海が開いたとされる四国八十八箇所ももちろん
意味があるものだと思います。

桜沢先生が「7」にこだわったのは、「7」はこの物質世界(陽)での
到達可能な最高の数字だったからだと思います。

と言うのは、桜沢先生の時代はまだ到底「8」という精神世界(陰)は
到底受け入れられない曖昧なものだったのでしょう。

でもこれからの時代やっと私たちは「8」の意味がようやく理解できる時が
来ているような気がします!

これらもすべて先人のお陰ですね!


Posted by anubis 22 at 2006年06月21日 10:57
anubis22さんこんばんは。
そういえば、宣伝ですが、お米のフリーペーパで「ライスペーパーハチハチ88」というのを配布ボランティアで配っています。

http://www.wacca.com/88/main.html

「アカシックレコード」にアクセスする力は、特別なものではなく、誰でも持っていると思います。
自然との調和、宇宙との調和とることにより誰でもアクセスできると思うし、自然との調和、宇宙との調和をとっていくことが霊の長(霊長類)である人間の役割であると思うし、この世の中を天国にしていく唯一の方法だと思います。
Posted by たけ at 2006年06月22日 01:14
☆たけさんこんにちわ!

ライスペーパーハチハチ88、はいよく存知ております(笑)

本当に「アカシックレコード」は特別ではありませんね!

この時代ますます普通にアクセスできるようになりましたね。
自然や宇宙との調和がとれると自然とインスピレーションが起こります。
それらも実はみんなアカシックとつながっているんじゃないかと…。

インターネットと農業を両立させると、ますますつながりやすく
なるかもと常々思ってます。(笑)




Posted by anubis 22 at 2006年06月23日 10:10
私、五芒星は、女性、六芒星は、男性って、
単純に思ってました。
だから、二つあるの…。
Posted by ブログを駆けるおばさん、こと、モスラの娘 at 2008年09月22日 17:18
☆モスラの娘さん

はじめまして、2年以上前に書いたブログにコメント頂きありがとうございます。

最近はこのブログもなかなかチェックしてないので、コメント返信送れて申し訳ありません。

確かに、五芒星と六芒星は対照的な感がありますね。

私は逆に「6」が女性的で、「5」が男性的な印象を受けます。
Posted by anubis22 at 2008年09月26日 10:55
アヌビスさん、
お返事有難うございます。

つい最近、
インターネットを習い始めたばかりで、
まだ、アクセス方法も、よく分かってないのです。

こちらへは、マクロビ・パパさんのブログから、飛んできましたの。今日も、パパさん経由…寄り道が多くて、しょっちゅう迷子になってしまうんですけど、おかげで、とても素晴らしいブログに出会うことができました。

出会いには、必ず意味があると思っています。私は、今、「学びたい」という思いがとても強いので、教えてくれそうな方のところに、導かれるのだと、思います。

また、突然お邪魔するかもしれませんけど、よろしくお願いします。
Posted by 出没!モスラの娘 at 2008年09月27日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。