2006年08月06日

海の思い出

hitode1.jpg

普通の教育を受けていれば、大体の人は「人間は猿から進化したこと」を疑うことはないでしょう。

でも、灼熱のサバンナで狩りをし、野生動物に戦々恐々しながら何万年もかけて進化してきたなんて、この真夏に考えるだけでも暑苦しい人類の歴史となってしまいます。

そんな中教科書では教えてくれませんが、人類は海辺で進化したというとても涼しげな説があります。

☆ ☆ ☆ アクア説=水生類人猿説 ☆ ☆ ☆

これはイルカや鯨のように元々陸生の哺乳類が海に入り海洋哺乳類となったのと同様に、猿も何かの原因で海に入って生活をした結果、人類は現在のように進化したとする説です。

この説を提唱しているエレイン・モーガンさん曰く、人類にあって陸生の哺乳類にない特徴が以下のようにあるそうです。

◇体毛がない
◇皮下脂肪の層がある
◇体から突き出した女性の乳房
◇泳ぎに適した流線型の体
◇突起した鼻
◇涙を流す
◇手足に水かきがある
◇対面によるSEX

これらの特徴は、陸生の哺乳類である猿やチンパンジー、ゴリラにはなく、むしろ、イルカや鯨、マナティーなどの海洋性哺乳類にある特徴なんだそうです。

さぁ、だんだん人類の歴史が涼しさをましてきました(笑)

もしかしたら、人類はイルカとともに泳ぎ、優雅に美しく進化した可能性もあるのです。
その後人類は再び陸に上がりましたが、その頃には陸生の哺乳類である猿やチンパンジー、ゴリラとは似ても似つかない種へと進化していたとさ。

ningyo.jpg
illustration by little anhk


この説を信じるかどうかは皆さんしだい…

実は人類の歴史はそんな簡単に自然の摂理だけでは説明のつかない不思議がたくさんあるのですが、今日のところはこの涼しげな物語を想像しながらイルカと泳いだ太古の昔を思い出してみるのもいいかも知れませんね。

posted by anubis 22 at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼しくていい説を読ませてもらい・・・だんだん思い出してきました、太古の記憶

 そして 還りたくなってきました(笑)
・・・そして、ひとは水辺から離れられない気がします。






Posted by いいりん at 2006年08月07日 16:22
☆いいりんさん、初のコメントありがとうございます!

サバンナでの狩りを中心に進化した定説は、あまりに男性原理的なんですね。

つまり、進化の促進は男性にあると…。

一方、アクア説はとても女性的ですね。
水を進化論に組み込んだのは、これからの時代にとても大切なことだと思います。

これからは涼しくエレガントにいきたいですね。
Posted by anubis 22 at 2006年08月08日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21999764

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。