2006年08月22日

群馬パワースポット紀行 後編

榛名神社を後にしてバスで10分ほど榛名湖に到着しました。前方に見えるのが榛名富士です。

harunahuji.jpg

さぁ、この形とこのブログをかけたら答えは一つ。

ハイ、ご名答「ピラミッド」ですね(笑)

日本には縄文の昔より、神奈備(カンナビ)信仰という所謂ピラミッド信仰があったそうです。三輪山などが最も有名ですが、榛名山もその形があまりに完璧なので、かなり人工的なピラミッドなのではないかと疑われています。

また民間伝承では、巨人伝説で同じみのダイダラボッチが造ったとも言われているそうです。

残念ながら榛名富士に登る時間はありませんでしたが、榛名神社の磐座を考えてきても、この一体がとても縄文的な祭祀場であったことは十分考えられる事だと感じました。

uma.jpg

さてこちらのお馬君、榛名湖畔を案内する観光馬車…。
湖を浮かぶ白鳥のボートといい、何故に日本の観光地(特に湖)はこうも想像力貧困なのかとうら寂しくなるのですが、でも馬といえば群馬。

実際この一体の火山灰の下には馬の蹄の痕跡が発見され、馬の牧場があったのではないかと言われています。本来縄文時代には馬の飼育はされていなかったと言われていますので、古墳時代に何らかの形で朝鮮半島などから騎馬民族が進出してきたのではないでしょうか。

群馬の由来も「くるま」=「黒馬」などに語源があるそうですね。

縄文文化は、太平洋上にあった失われたムー大陸の末裔が日本で築いた文化だと私は考えています。神奈備信仰も磐座信仰も失われたムーの直感科学だったのです。

古墳時代の頃、大陸からの渡来系騎馬民族の進出(多分こちらはアトランティス系の末裔でしょうか)によって日本のムー文化は影へと押しやられてしましました。
おそらく榛名山一体もそんな歴史が連綿と続いてきたのではないかと感慨深げに後にしました。

さて、これ以上あやしくなる前に最後にもう一つ紹介。

syourin.jpg syourin2.jpg

高崎にあるもう一つのパワースポット「少林寺」

ちなみに「アチョー!」ではありません。すみません想像力貧困なのは私でした(笑)

分かっちゃいるけど、境内でカンフーをしている人達がいるのではないかとワクワクしてしまいますが、ここは達磨(ダルマ)で有名な普段はとても落ち着いた禅寺です。

daruna.jpg

風水学的には長寿と健康のスポットだそうです。

私たちが学校で教わる日本の歴史は、コンクリートで固められた無味乾燥な道のようなもの、本当はその下に創造力豊かで冒険的な道が連綿と続いています。

そう、私たちにもその歴史は流れています。コンクリートで固められた鎧をはずして、自分達の本当の姿を見つめていくうちに、日本(自分)は何て面白い国(人)なのだろうと思えてくるのです。

お盆は小旅行でしたが、今度はどんなパワースポットに行こうかな。

posted by anubis 22 at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初におじゃまします。

私、群馬県在住なんですが榛名神社や少林寺がパワースポットとはしりませんでした。。。
いつものんきにふら〜っと行ってましたが
今度は回りに注目してみようと思いました。

またおじゃまさせていただきます〜ww
Posted by トラ吉 at 2006年08月29日 21:45
☆トラ吉さん、はじめまして!

私もつい最近まで知りませんでした。

ふら〜と行ける所に住んでいるなんてうらやましいです。

またいつでも遊びにきてくださ〜い♪
Posted by anbisi 22 at 2006年08月30日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22613139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。