2006年09月25日

レイキとマクロビオティックの不思議な関係<前編>

以前、レイキとマクロビオティックの共時性についてちょっと触れましたが、今回はもう少し詳しく検討してましょう。

では、まず昭和51年に出版された『食生活の革命児 桜沢如一の思想と生涯』(松本一郎著 地産出版)から一文を引用します。

 病弱なリマは毎月四日か五日間東京恵比寿の江口俊博の元へ通っていた。江口は“たなすえの道”といわれる手のひら療法の大家で、人間の手のひらからは、誰でも電気が出ており、修行するとよく出るようになる、その電気を患部へ当てると治る、というのである。江口はそのころ体重30`くらいまでやせていたリマを見て「こんなに弱くてよく生きている」といいながら治療に当たった。
 ある日、江口のところへ旧知の桜沢如一が現れ、リマは「食養会の桜沢先生です」と紹介された。昭和11年のことである。


文中の「リマ」は後に桜沢如一の妻となる桜沢里真さんのことです。これは桜沢如一と里真さんのまさに運命の出会いを描いた場面なのです。

その後、桜沢先生と里真さんは二人三脚で近代マクロビオティックの確立に情熱を傾けたことを考えると、この出会いこそがマクロビオティックの夜明けだったのかもしれません。

さて、この出会いの場を提供した文中の手のひら療法の大家と言われる「江口俊博」とはどんな人物だったのでしょうか?

■「手のひら治療」の創始者である江口俊博

eguti150.jpg 江口俊博(1873〜1946)

昭和初期に一大旋風を巻き起こした「手のひら治療」の創始者である江口俊博は実は元々「臼井式霊気療法(伝統霊気)」の門下生でした。

昭和2年、江口氏55歳の時、臼井式霊気療法それ自体は、天然自然に備わる手のひらの力を発揮させるものであって、タダでいただいている手のひらパワーに対して、どうして法外なカネを取るのかと当時のと臼井式霊気療法を批判し、独立して無料で行う「手のひら治療」を主張しました。

※レイキでお金を取るかという問題は、様々な考え方があるのでまた別の機会に書きますが、昭和2年というともう臼井先生も亡くなられているので当時の臼井式霊気療法にも若干の問題があったのかも知れません。

とはいえ、昭和初期に一大ムーブメントを起こした江口氏の「手のひら治療」も源流は臼井式霊気療法だったことは間違いありません。現代では「手のひら治療」を江口式レイキと呼ばれることもあります。

そんな訳で、江口式レイキである「手のひら治療」を受けに来ていた若き日の桜沢里真さんは、桜沢如一に偶然が必然か出会うことになります。

<後編に続く>











この記事へのコメント
レイキとマクロビはこんな風につながっていたのですねぇ。
それにしてもよくご存知で。
後編も楽しみです♪
Posted by mayu at 2006年09月26日 11:03
☆こんにちわ!mayuさん

本に載ってるだけですよ!
でも『食生活の革命児』はなかなか手に
入らないかも…。

また、遊びに来て下さいね。
Posted by anubis 22 at 2006年09月26日 20:05
こんにちは☆

ジョージ・オーサワとリマ先生の出会いだなんて…レアな話をありがとう。
とても興味深く読ませていただきました。

私的にはマクロビオティックはもちろんのこと、桜沢先生の人となりや生き方にとても興味があります。
もし、生きていたらお会いしたかった…。

今後の記事も楽しみにしています☆

PS.10月上旬までネットができない状況です。
どうぞよろしくお願いしま〜すm(_ _)m
Posted by beijaflor at 2006年09月27日 09:27
☆beijaflorさん、こんにちわ!

10月上旬新天地からの報告楽しみにしています。

GOはやっぱ知れば知るほどスゴイ人ですねぇ〜。

マクロビオティックの面白さは桜沢さん自身の面白さかもしれません。
Posted by anubis 22 at 2006年09月28日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24385821

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。