2006年09月29日

100%の恵みどう使いますか?@

■宇宙に充満する無限のエネルギーって何?

一口に「宇宙に充満する無限のエネルギー」と言ってもあまりに抽象的で捉えがたいものがあります。

果たして「宇宙エネルギー」って何でしょう?

これははっきり言ってまだわかっていません。なぜなら、目に見える科学的観察法に慣れている私たちにとっては、目に見えない次元のエネルギーは捉えることができないからです。

ただ、「宇宙エネルギー」だからと言って、別に宇宙の彼方遠くにあるエネルギーではありません。

すべて「在る」ものを成り立たせている根源的なエネルギーということで、これは私たちの内にも外にも、地球にも宇宙にも遍く存在しているエネルギーと言えます。

我々はこのエネルギーなくしては存在できません。
zu101.JPG

そういった意味で私達は、常にこの「宇宙エネルギー」を100%受け取っていることになります。どんな人であろうと、どんな物であろうと、すべて平等にです!

すべての人がこの「宇宙エネルギー」を100%受け取っているとしたら、何かすべての人は超人のような気がしますが、実際すべての人は、超人であり、天才であり、完璧な存在なのです。

では、なぜ私達は見るからに超人や天才や完璧ではないのでしょう?

これが、今回のテーマ「100%の恵みどう使いますか?」になります。

■エネルギー消費の3つのカテゴリー

天才と普通の人の差とは何でしょう?

これは単純に100%の宇宙エネルギーを何%自分の夢や自己実現に使うかという差になります。

以下の図を見てください。
zu100.JPG

まず左の普通の人のエネルギー消費グラフを見てみましょう。

@精神的消費

さて、これは所謂「信頼」の欠如といいます。
つまり、「宇宙的なエネルギー」を信じなかったり、自分は守られていない、愛されていないといった疑心や大いなるものへの不信感は、折角の100%の恵みを自らに拒否してしまいます。

このカテゴリーは、「消費」というか、はなから「受け取らない」わけです。でも、だからと言って、すべてを受け取れないわけではありません。「不信感」なんてものは、つまりは表層の意識なので、深いところでは、やはり「信頼感」は誰にでもあるのです。ただそれに気づいていないだけなのです。

ですから、このカテゴリーで失う「宇宙エネルギー」は30%ぐらいとしておきましょうか。

A社会的消費

このカテゴリーは、既成の社会体制や社会規範に自分を合わせていくことで起こるエネルギー消費を言います。他者との関係も含みます。いわゆる「ストレス」というものに代表されます。

単純な話、「朝起きれないのに、会社へ行かなくてはならない」といった、「起きたくないという願望」と「会社へ行かなくてはならないという社会的義務感」が葛藤を起こすことによるエネルギー消費ということになります。

これは「あの人を許せない」とう怒りや「上司から認められない」というような不安、「この社会をもっと良くしたい」などの不満など外界との葛藤すべてに当てはまります。

これもとりあえず30%の消費率としましょう。

B身体的消費

さて、3番目は身体的な消費率です。これは一番大きいのは食べ物です。人間の身体に合っていない不自然な食べ物、体調に合っていない陰陽バランスの欠いた食べ物が体に入ると、それを消化するためのエネルギーが大量に必要となります。

休みたいときに休めないなどの身体的な声を無視することもエネルギーを消費する原因となります。

これも、30%の消費率としておきましょう!

さて、残ったエネルギーはやっと私たちの夢を現実化のために使えます。
何%ぐらいかな♪

じゅ、10%ォ〜!!

<次回へ続く>


posted by anubis 22 at 09:25| Comment(5) | TrackBack(1) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オ〜!!。

私は何%残っているのかなぁ?
もしかしたら、一ケタかも?

キャー!!
Posted by マクロ美風 at 2006年09月29日 17:04
私の場合、+経済的消費(物欲)が10%ととなると、夢も希望もなくなるという悲しい結果に・・・(笑)。

クワバラ、クワバラ。
心して、喰い改めますです。
Posted by たま at 2006年09月29日 23:23
☆謙虚なお二人さんへ

上記は、一般的な規格をちょっと大げさに書いてあるだけです。

お二人とも誰もが認める規格外なので、ご安心ください(笑)。

Posted by anubis 22 at 2006年09月30日 09:35
マクロを始める前
たぶん70%くらいは身体的消費だったと思います。
だから社会的能力も低かったし精神的にも低かったと思います。そんな状態で夢を叶えるなんて事は夢のまた夢でした。身体は何時も重苦しくて、ダイエットの事で始終頭が一杯でした。つい最近まで。
Posted by fanta at 2006年10月05日 11:25
☆こんにちわ!fantaさん

3つのカテゴリーは本来分離しているのではなく、それぞれ連動していて本当はカテゴライズできるものではありません。

そして、人それぞれに自分が不得手なところはあると思います。

ですから得意なカテゴリーからチャレンジするのがいいかもしれませんね!

ちなみに私は精神的な方面から徹底的にアプローチしてます(笑)
Posted by anubis 22 at 2006年10月08日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24562283

この記事へのトラックバック

鳥取県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 鳥取県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-05 19:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。