2006年10月08日

100%の恵みどう使いますか?A

私たちの夢を現実化のために使えるエネルギーがもし10%だったら、どんなにヴィジョンをもっていてもなかなか現実化することはないでしょう。

逆に言えば、もっているヴィジョンに100%のエネルギーを使うことが出来れば、ほとんどのヴィジョンは現実化することが出来るかもしれません。

なぜなら、宇宙の構造は「設計図(意志)+宇宙(生命)エネルギー=現実化」というシンプルな法則が成り立っているからです。

天才やいつも夢を叶える人や思いのままに生きている人は、単純に100%の恵みを効率よく自分の意志(創造性)に使っている以外、なんら私たち普通人と変わることはありません。

@精神的消費

彼らは、完全に宇宙を信頼しているし、自分が常に満たされていることを知っています。そして全ての人がそうであることを知っています。ですから、誰もが認められている100%の恵みを洩れなく受け取ることが出来ます。

A社会的消費

このカテゴリーは、大まかに分けて二つのタイプがいるかもしれません。一つは全く既成の社会システムやモラルを気にしなかったり、完全に超えた観念で存在します。つまり、変人ということで誰もが自分たちのモラルに当てはめようとコントロールしようとしないので、余計なエネルギーを消耗することはありません。
もう一つは、既成の社会システムやモラルを完全肯定してしまうタイプです。彼らは、全ての社会現象を肯定的に自分の糧としてしまうので、それによる葛藤が起こりません。変人とも思われないので、私はこちらをおすすめします(笑)。

B身体的消費

さて、このカテゴリーは若干判断が難しいのですが…。なぜなら、「天才」というとどうしても「20世紀的な破滅型天才」というイメージが先行してしまうからです。

大概の「天才」といわれる人は、@とAのカテゴリで消費しないエネルギーを元に自分の意志を現実化させます。しかし、このBのカテゴリーを考慮しないと思わぬバランスを崩し、破滅的になることがあります。

ですから「天才」というと誤解も多いので「いつも自分の夢を叶える人」や「自分の思いのままに生きている人」と言った方がいいかもしれません。

そういった人は、やはり身体的なバランスをとても大切にしています。

自分の意識を鈍らせる食べ物は自然ととらなかったり、肉体を維持する以上の食べ物を過剰にとることで、宇宙エネルギーを余計な消化で使うことはありません。

以上のような三つのカテゴリーでの「葛藤」という「宇宙エネルギーの消費」を極力おさえることで、大部分のエネルギーを自分の「創造性」に使うことが出来ます。

神様が100%の創造性を発揮できるとすれば(なぜなら神様とは「宇宙エネルギー」そのもののことを言うのですから)、人間の世界での出来事なら60%〜90%のエネルギーを持ってすれば、現実化することが出来るのではないでしょうか。

あくまで想像ですが…。

では次回は、それぞれのカテゴリーでどうやって、消費率をおさえていくかを具体的に見ていきましょう!
posted by anubis 22 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25089933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。