2006年10月12日

マクロビオティックに五行説は必要か?

さて、今回のサトル・マクロは 「マクロビオティックに五行説は必要か?」というテーマで考えてみたいと思います。

よく、マクロビオティックを勉強している人に「どうしても陰陽五行説がわからない」と言われるのですが、私は「マクロビオティックに五行説は必要なのかなぁ?」といつも疑問に思っていました。

そもそも、なぜマクロビオティックに「陰陽五行説」が取り入れられているかと言うと、3つの理由があると思います。

@久司道夫先生のマクロビオティックの理論体系に取り入れられているから
A大森英櫻先生が「4つの体質と中庸」という形で五行説を取り入れているから
Bマクロビオティック=東洋医学の体系として捉えられる傾向にあるから


さて、私は主にマクロビオティックとは桜沢如一先生の理論体系の影響が大きいので、あまり五行説というものを考えてきませんでした。なぜなら、桜沢先生は「無双原理」という陰陽二元論としてのマクロビオティックしか提示していなかったからです。

私見で、穴だらけではありますが無双原理(陰陽二元論)と陰陽五行説についての考察をしていきたいと思います。

■マクロビオティックの根本理論「無双原理」とは?

「無双原理」とは言うまでもなく、宇宙を構成する二つの拮抗するエネルギーを陰と陽と呼び、全ての現象をこの陰陽で説明する原理を言います。

桜沢如一の「無双原理」は、もともと、明治の食養家石塚左玄の食養理論である「夫婦アルカリ論」の影響からきています。

石塚左玄はすべての食物には「ナトリウム」と「カリウム」の拮抗があり、この差によって食物の性質が決まるとしました。

それを受けて桜沢は、「ナトリウム」と「カリウム」を「陽」と「陰」に置き換えれば、食べ物だけでなく宇宙全般、地球、自然、人、社会、医学、物理学、科学、経済、芸術、人生、全てを説明する「最高の原理(二つとない原理)」となるのではないかと考えました。

これが近代マクロビオティックの始まりです。

そして、桜沢はその答えをまず中国の「易」に求めました。

■「陰陽論」または「易」

時は中国紀元前2700年ごろ 三皇五帝による統治された伝説的な時代がありました。その皇帝の一人伏犠(フツギ)が天の運行、世の動きなどから直感的に宇宙には相対する二つのエネルギー「宇宙万物は陰陽より成る」とし、陰陽二気から生まれる四象八卦で全ての現象を法則化することが出来るとしました。

これが後の時代「周」の頃、体系としてまとめられたのが「周易」に代表される「易経」だそうです。

もちろん、桜沢はこの「易」のことは充分知っていました。ところが、後の時代に編まれた「周易」及び注釈書は「『易』は広大悉く備わる(無双原理)」という原理をシンプルに説明してくれるものはどこにもありませんでした。

唯一「老子」が『道徳経』で一部を伝えているぐらいで、後は占いの手引書、64卦をもてあそぶ売ト(ばいとく)の易などと桜沢先生は言っています。(易者の皆さんごめんなさい!!)

そこで、桜沢先生は左玄の「ナトリウム・カリウム拮抗理論」と「伏犠のシンプルな陰陽論」そして、老子の『道徳経』を元に独自の「易」をまとめ上げました。

それが無双原理12の定理に代表される「無双原理・易」というマクロビオティックの最高理論だったわけです。

※無双原理の12の定理は、E古典マクロにおける五行説の必要性に参照があります。

<つづく>

【マクロビオティックに五行説は必要か?シリーズ】
@無双原理と陰陽説
A陰陽五行説とは?
B五行説の歴史と謎 
C古代世界と五惑星観
D陰陽説と五行説の観測点の違い
E古典マクロにおける五行説の必要性
Fまとめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25308676

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。