2006年10月22日

マクロビオティックに五行説は必要か?D

五芒星に象徴される「5」を基本とした五行説に対して、陰陽説はどう捉えれるでしょうか。これは、実は桜沢如一のマクロビオティック観に象徴されています。

■陰陽=▽△であらわす訳
inyoukigo2.jpg

桜沢先生は陰陽を上の図のように三角形の上下「▽△」であらわしました。これは「陰」は地の中心からのエネルギー、「陽」は天の中心からのエネルギーを現すとともに、陰陽のエネルギーが調和した状態を次の図にあるような「六芒星」であらわそうとしたからです。
rokuinyo.jpg

陰陽二気が交じり合って、6点が現れます。ここから「2+6」で八卦が求められます。
つまり、易の原理と同じで「六芒星」は「太極図」と同等の意味が込められています。

易的な陰陽説=「六芒星」=「6」の原理
陰陽五行説=「五芒星」=「5」の原理

から成り立っているとすれば、この「6」と「5」の違いとはなんなんでしょうか?

■陰陽説と五行説の観測点の違い

この違いは簡単に言ってしまえは現象の観測点の違いを表しています。
siten.JPG

図の左、陰陽説はいわば人を超えた「神の視点」からの観察に対して、五行説は常に「人の視点」に観察点があるように思えます。

つまり、陰陽説は「六感」という「五感」を超えたインスピレーション(直感)的判断であるからこそ、易は後世になって「当るも八卦、当らぬも八卦」というように占術として発達してきたと考えられます。

一方五行説は「五感」という実感しやすい感覚を大切にした分析的判断であるため、五味、五臓、五穀など人の実感に根ざし、医学や政治術、戦争術、農耕術に利用されるようになってきました。

※ただ、桜沢先生は陰陽説を科学的観点から再評価し、「占術」としての陰陽説をかなり批判しています。しかし、その後ユングを起点としたシンクロニシティー理論やニューサイエンスの分野などから、「占術」を一つの直感科学として新たな心理科学の一分野として認められはじめたり、易とDNAの構造的酷似などで生物化学にも注目され始められていることを考えると、ちょっと桜沢先生の「占術」批判は時代遅れという感じもあるでしょう・・・。

■陰陽説と五行説のメリット・デメリット

易はいわば宇宙論です。むしろ哲学に近いといえます。理論自体はとてもシンプルでわかりやすく、永遠普遍の真理を感得するにはとても有効です。何しろ神様の視点なのですから…。

ところが、複雑で流動的な人間社会で、この陰陽説はあまりにも人間離れしていて実感が伴いません。毎日神様の視点で物を眺めて生きていくことはなかなか出来ません。

そこで、もっと人の感覚に根ざした真理を読むシステムが必要になります。そこで五行説が登場します。

五行説は人間社会、人と関わる自然界、人と宇宙の関わりなど複雑で流動的な現象を記述するのにとても便利なツールとして発展しました。

自然、五行説が中心にあまり実用的でない陰陽説が取り込まれることになります。

ところが、この五行説は人の視点を観察点としているため、時代の変化によってどんどん解釈も変わってきます。そして、その影響で本来永遠普遍であるはずの陰陽説という大前提が曖昧になってきます。

四千年以上の昔、「天」はハジメYinの最大、最高のシンボルと考えられ、「地」はその反対と考えれ、用いられたのです。「天」は無限の空間、ヒロガリですから、遠心性Yinを代表し、「地」は反対に、求心性Yangを代表したのです。その後になって、形而上学者たちが「天」(空)を、この全ての現象やモノの製造者というイミで、最高の神聖、天帝、最大不可抗の力、Yangの代表にしました。オマケニ、それで天、天帝、上帝などというコトバを、太陽と同義語にしてしまったのです。ここに形而上学と形而下学の用語の大混乱のハジマリがあります。
『東洋医学の哲学』(桜沢如一著 日本CI協会刊)より

つまり、桜沢如一は人間が観察点である五行的な視点に重きを置くあまり、本来永遠普遍であるはずの陰陽説までもが混乱していることを嘆いている訳です。

そこでは、桜沢先生は本来あるべき陰陽説を整理し、もう一度この「神様からの視点」から、現象世界を捉えるシステムを確立しようとしました。

それが「無双原理・易」だったわけです。

そして、実感が伴わないという欠点を補う為に「食べ物」というツールを最大限に利用しようとしたところが桜沢先生のセンスだったのでしょう。

<さて、次回は最終回!になるかなぁ?>

【マクロビオティックに五行説は必要か?シリーズ】
@無双原理と陰陽説
A陰陽五行説とは?
B五行説の歴史と謎 
C古代世界と五惑星観
D陰陽説と五行説の観測点の違い
E古典マクロにおける五行説の必要性
Fまとめ










この記事へのコメント
Anubis 22さん、こんにちは〜♪

私がドタバタしているうちに、こんなにスンバラシイ記事をUPされていたんですね〜(ヨダレが出ます)
それも、シリーズで!

ンモー、最高に知りたかったことが、目白押しで、鼻息が荒くなってしまいましたよ〜。

やっと、たどり着いたと思ったのに、もう最終回になるのですかぁ?
むむむ。
Posted by マクロ美風 at 2006年10月24日 11:13
☆マクロ美風さん、こんにちわ!

はい、まだまだ細かいことを検証すればドンドン長く出来るのですが、ちょっと主旨からはずれてしまいそうなので…。

とりあえず、最終回を書かない私としては珍しく、次回でまとめようかなぁと思ってます!

Posted by anubis 22 at 2006年10月26日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。