2007年04月30日

高次のリアリティーを捉える

レイキはハンドヒーリングのメソッドではありますが、レイキの醍醐味は様々な生活の場面に応用することだと私は思ってます。

レイキとはある種の高次のエネルギー源です。そのエネルギー源に常につながる意識をして生活をすると、日常のリアリティーが全く違うものに見えてくることがあります。

■現実の本質とは無限のレベルがある

私達が見ている現実とは、一見すると一つにしか見えませんが、実際は無限の現実が層を成して多次元的に存在しています。

多次元に層を成す現実


これらの多次元的現実のどの層に合わせるかは、観察者の視点、つまり観察者の波長に共鳴する形で体験することになります。

量子力学の世界観をスピリチュアルな世界に持ち込むことは、ある意味誤解を生みやすいのですが、量子の振る舞いが観察者の影響によって決定されるというわれる不確定性原理にも似たところもあるかもしれません。

これは私がレイキを始めた頃よくやった実験ですが、仕事場で物凄く怒ったクレームの電話を受けてしまった時、一旦「お調べいたします」と切ってから、電話や自分にレイキをしてから再び電話すると、先程とは別人で穏やかな本人が電話口に出てくるといった経験をよくしました。

これは、私の波長そのものが、クレームをしてきたお客さんの怒りやイライラという低次の波長と共鳴しあっただけですので、レイキと言う高次の波長に戻してあげることによって、同じお客さんの高次の状態と今度は共鳴することが出来るのです。

つまり、そのお客さんは低次の現実も高次の現実も全て無限の層をなしている。結局そのどこにアクセスするかはこちらの経験者の観察する波長によって決まるといえるのです。

WS000038.JPG


「そんなバカな〜」とお思いになる方も多いと思います(笑)
試しにいわれのない嫌な経験をさせられた相手に「感謝」や「祈り」をしてみてください。一瞬の内にして、その人の全く違う面を経験するかも知れませんよ!
「感謝」や「祈り」はレイキと同様、高次の波長に自分を合わせる波動調整のツールでもあるのです。

■多くの人たちが合わせる集合的現実が「一つのリアリティー」と感じる

そうは言っても「現実って歴然としてあるじゃないですかぁ」と仰る方がいると思います。

確かに新聞やテレビのニュース、大衆雑誌などには、動かしがたい現実があるように思えますし、実際に社会や法律だってあるわけですね。

しかし、それらは現実の一側面でしかありません。

ただ、多くの人たちが同意しているがゆえに唯一の動かしがたい現実と感じているだけなのです。

これが、「集合的意識としての現実層」と言うことになります。最初の図の真ん中の層です。

つまり、これがとても大切です。
今ある私達の歴然とした地球の現実は、現実として決定的にあるのではなく、多次元的な現実の層から私達の多くが「選んでいる」ことによって成り立っている(より現実的と感じている)のです。

■集合的現実層を選ばないという生き方

これは反発される方も多いと思いますが、その集合的現実層に働きかえれば働きかけるほど、その集合的現実はパワーを増します。

つまり「反対しよう」と「賛成しよう」、その現実層に波長を合わせている事には変わりはないのです。

抵抗や反対すれば、よりその現実に力を与えている事にある意味なります。

では、その直面する現実が自分にとって不本意なものであるならば、また、その現実に抵抗や反対をすれば、なおその現実を増幅するとなればどうすればよいのでしょうか。

これは、先程のクレームの電話の例と同じく、一回切って、波長を変えて現実を選びなおすという事。

つまり、この集合的現実層に波長を合わせずに、もっと高次の現実層に合わせて生きるということになります。

多くの人がこの現実を選びなおせば、集合意識の現実層も自ずとシフトアップします。

WS000039.JPG


日常生活でレイキを活用するということは、瞬間瞬間の創造を高次のエネルギーと共に行うことになります。

つまり、その人は今までの集合意識の現実層とは違う現実を見るようになります。

そして、多くの人が日常の中で新しい現実を創造するようになれば、地球の集合意識的現実層はその新しい現実にシフトアップすることになるのです。


これが、レイキのプラクティショナーの本質的な役目でもあるのです。だから、レイキの醍醐味は単にヒーリングをするだけでなく、日常の創造を常に高次のエネルギーで行い、より高次の現実を創造すると言うことなのです。

日常の創造とは、もちろんお皿洗いから事務仕事も含めます(笑)
そして、もちろん同じように高次のエネルギーに波長を合わせる方法はレイキ以外にも無限にあります。
この記事へのコメント
Anubisさん、本当にお久しぶりの更新ですが、待っていましたよ。

レイキをしっかり学んだわけではないのですが、「氣」というものすごいいパワーを感じる毎日です。

私も人間ですから「人を嫌いに思う」ことがあります。でもその「氣」は必ず波長共鳴しますね(笑)。「嫌い」と感じた瞬間にできるだけ「ここが好き」って気持ちをシフトして出会いに感謝するように心がけています。

腹の中に米を入れると不満や怒りが収まり意識せずとも、子どもさえも高次の感情に移入できますね。
お米を食べるということは知らず知らずレイキする氣のレベルを上げる練習にもなっているんですね。

日本人って、素晴らしいなぁ。
Posted by たま at 2007年04月30日 21:21
☆たまさん

コメントありがとうございます!

このページはたまたま「レイキ」「マクロビオティック」を題材に書かせて頂いていますが、全てはエネルギーと物質、多次元と3次元、魂と肉体といった関係を模写しているだけですので、具体的な言葉はどんどんご自分の身近なものに置き換えて読んで頂ければ幸いです!

お米はまさに、中心性のエネルギーですね。
日本人がこの中心性のエネルギーを守ってきた理由はもうすぐ明らかになると思います。

そういえば「お米のサトル」の続編もまだ書いていないですねぇ(笑)
Posted by anubis 22 at 2007年05月01日 08:13
レイキをするということが、どういうことかは、まだよく分からないのですが、感謝や祈りに置き換えれば自分にも変えていけそうに思いました。今、目の前の現実は自分に共鳴して映し出されていたものなんですね。

anubisさんのことを考えてここに来ると自分の欲しかった答えが書いてあります。
不思議だなぁ・と思いつつも、どこかでつながっているようで、それが嬉しいのです。

Posted by macrobi papa at 2007年07月04日 22:27
☆macrobi papa さん

大変ご無沙汰しております!

現実に起こることは「経験」でしかないと思ってます。

悲しい現実の中にも喜びはあるし、楽しい現実にも悲しみという側面は織り込まれています。

結局、どれをチョイスするかかなぁと思う毎日です。

こちらのブログはあまり更新していませんが、日々のあれこれは、以下のアドレスで更新しています。

http://www.yinfield.sakura.ne.jp/

久しぶりにお会いできる事を楽しみにしております♪
Posted by anubis 22 at 2007年07月06日 07:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40419541

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。