2006年02月28日

ソウルメイトサラダ

さて、小難しい話が続いていますので、この辺で簡単にできるサトル・マクロビオティックの食べ方を紹介!


ソウルメイト☆サラダ

sarada.jpg

まずローズピンク色の丸いお皿を用意し、そこにオーガニックで新鮮な生の緑黄色野菜のサラダを盛り付けます。
ドレッシングはお好み、私のお気に入りは、EXヴァージンオリーブ油に梅酢と醤油、ハーブMIX、コショウ等で味をつけたものです。

※これは儀式的な食べ方なので、あまり伝統的なマクロビオティックにおける陰性さや身土不二の原則は考えず、ハーブでも夏野菜でも緑色の野菜なら何でもOKです!

どんな時に食べるの?

このサラダの目的は、身体のサトルボディーおける、エネルギーのセンターであるハートチャクラを開くことにあります。
(チャクラに関してはいつか詳しく書きます)

ハートチャクラが開くと、人は望む恋愛がうまくいったり、人間関係が穏やかになったり、ソウルメイト(運命の恋人)に出会いやすくなったりと、女性にはありがたいことがたくさんおきてきます。
ですから、大切な人に会う前の日、大事な人生の転機に、また月の何日か日を決めて儀式的に食べてみてくださいね。

食べる瞑想がサトル・マクロビオティックのテーマです!

鮮やかで優しいピンク色で新鮮でみずみずしい緑色のサラダを包み込むようにイメージして、ゆっくりと味わいながら食べてください。
体に入った優しい波長が胸の中心から水にできる波紋のように広がっていく様子をイメージしてみてください。


♪新月の夜に願いを込めながら、このサラダを食べる瞑想をすれば、あなたの素敵なソウルメイトがみつかるかもしれませんよ!
illustration by Little Ankh







2006年02月25日

食と意識の段階

私たちの現実(リアリティー)が目に見えないエネルギー体で構成されている事を知っていれば、人は生命エネルギー(プラーナ、カー、氣、マナ、レイキなど)という中庸性のエネルギーを燃料として、自分(魂)の望む現実を自由に創造していくことができます。

もし、私達が、自然や宇宙の感覚から隔離された社会の中で、目に見える物質だけが唯一の現実(リアリティー)であると多くの人が同意する集合意識の中で生きるならば、人は物質(食物)を唯一のエネルギー源としなければなりません。

その場合、摂取する物質の両極性(二元性)の影響下におかれ、自分(魂)の望む現実を自由に創造し難くなります。

例えば、車の燃料が中庸性の生命エネルギーならば、運転手(自分)は右(陽性)でも左(陰性)へも自由に選択し進むことができます。

ところがその燃料が、物質エネルギーならば、そしてその物質が右(陽性)よりであれば、運転手が左(陰性)にいきたい場合、実は2倍のエネルギーを必要とします。このエネルギーとは生命エネルギーのことです。

つまり、物質エネルギーのみで自分(魂)の望む現実を創造しようとする場合、実際2倍の生命エネルギーを消費していることになります。おそらく、運転手は、物質エネルギーの両極性に翻弄され、いつしか自分(魂)の望む現実の創造を忘れてしまうでしょう。


■意識の発達段階において、まずは伝統的なマクロビオティック!

目に見える物質だけが唯一のリアリティーだと多くの人が同意する集合意識の中で、物質エネルギーを主な燃料とする場合、食べ物は陰陽の調和したできるだけ中庸に近いバランスにして摂取することが大切になります。

そのため、日常において伝統的なマクロビオティック(陰陽バランスをとるための智恵)的な食事を心がけていれば、いつしか中庸性の生命エネルギーの存在に気づいてくることになります。

肉体と生命エネルギーがリンクしてくると同時に、意識は高次へと誘われ社会の集合意識から自由になります。そうなると物質(食事)は、生命エネルギーの補助的な役割へと変ります。

<意識と食の段階>

@物質の極性(集合意識によって決まる)に無意識に反応している段階。
A社会の集合意識の中で魂の意識を取り戻し、摂取する物質の極性のバランスをとろうとする段階。(伝統的なマクロビオティックがとてもサポートになる)
B社会の集合意識から抜け出し、高次の自立した意識の中で生命エネルギーを最大限に活用できる段階。(物質は補助的)



2006年02月23日

リンゴのエネルギー場

apple.jpg


陰性フィールドであるリンゴのエネルギー場には、様々な情報がインプットされています。

1、生命エネルギー情報
2、リンゴをリンゴたらしめている元型(アーキタイプ)情報
3、育つ環境情報
4、育てる人の想念情報
5、運搬する人の想念情報
6、販売する人の想念情報
7、買った人の想念情報

などの陰性な波動情報という場において陽性なDNAガチンコ情報を内包する種の協調によって現実としてのリンゴが出現しています。

ですから、自然に育った野性のリンゴのエネルギー場(1〜3)と人工的に作られたリンゴのエネルギー場(1〜6)は情報の量が格段に違うことがわかります。

2006年02月21日

拡大された現実を扱う陰陽モデル

zu1.jpg


上記を二つのリンゴ等に置き換えてみてください。

モデルAにおける陰陽は、より中心が求心性の陽になり、より外側が遠心性の陰となります。これは伝統的なマクロビオティックの物質性(リンゴ)の中の陰陽の捉え方を代表します。

サトル・マクロビオティックでは、もう少し拡張された現実を扱います。

モデルBの陽性は目に見える物質体をあらわし、陰性は目に見えないエネルギー体として捉えます。

陽性は、求心性、圧縮、粒子性(物質性)、個体性、現象性、人間で言えば肉体性。
陰性は、遠心性、拡散、波動性(エネルギー性)、多次元性、情報性、人間で言えば精神性。

となり、陰性フィールドは不可視の情報エネルギー体となります。
一個の目に見える現実としてのリンゴは、この見えない陰性フィールドである情報エネルギー体のプログラミングによって成り立っています。

つまり、見える陽性の現実は、見えない陰性の現実によって成り立っているとも言えます。

この陰陽モデルは、現実の取捨選択という生き方から、陰性フィールドの波動という情報をコントロールすることで現実を変えてしまうナチュラルマジックな生き方へのキーワードになります。



2006年02月19日

精神的向上のサポートとしてのマクロビオティック

foodwave.jpg

は私たちの常日頃のある怒りや不安の波長と考えてください。
食べ物Bは愛情なく大量生産されたファーストフードや加工品、そしてストレスの中で育てられた家畜食品とします。

日頃Bの食べ物を食べていれば、日頃のBという怒りや不安の波長と共鳴して、私たちはついつい現実世界にこの波長を感情として表現してしまいます。

ところが、食べ物Aという、自然に作られた野菜や健康的に育てられた動物、それらを愛情もって料理された食べ物に変えると、私たちのという穏やかで平和な波長と共鳴します。

そこでは、日頃ある怒りや不安という波長は、あまり感情として表現されなくなりますが、内面世界において怒りや不安が解消していなければ、食べ物Bを食べるとすぐにB波長と共鳴して現実世界に表現してしまいます。

■大切なのは内面の向上

食べ物Aを食べることは一つの練習になります。
つまり、日頃慣れ親しんだBという波長の世界から、食べ物Aのサポートをかりて、常に自分をAの波長に保つことが大切になります。

一旦、自分をAの波長に保つことを覚えてしまえば、もう食べ物Bを食べてもその影響を受けることはありません。

サトル・マクロビオティックは自己の内面世界の向上のサポートとしての食とも捉えていきたいとも思います。

サトル・マクロビオティックとは?


Subtl Macrobiotiqueとは?

サトル(Subtl)とは、物理的身体と共存する、目に見えないエネルギー体をあらわします。

人間の身体は、目に見える物理的身体だけではなく、目に見えない様々な振動、波動と言ったエネルギー体が同時に存在しています。

そう言った意味で、私たちがいつも食べている食べ物も常に物理的身体だけでなく、目に見えないエネルギー体にも影響を及ぼしています。

Natural Magic Schoolでは、伝統的な食養生であるマクロビオティックの概念に加え、エネルギー体に及ぼす食物の影響も考えていきたいと思います。

※サトル・マクロビオティックを理解するには、伝統的なマクロビオティック、特に「陰陽の原理」を学ぶとよりわかりやすくなります。ためになるマクロビオティックサイトなども追々紹介していきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。