2006年06月08日

水のダイヤモンド

diamante.jpg

心を静かにし、耳を澄まして音に耳を傾けると、
だんだん意識がクリアーになってくる

自分の夢を見直して、整理し、まず、手始めにすべきことは何だろう?

ゆっくりすること、まわりを見ること、流れに任せること
創造すること、育むこと、リサイクルすること

自分を愛し、すべてはつながっていると知る

そうすると、目の前にあるものが、また、違って見えてくる

2006年04月03日

エデンの園

taoasis.jpg

私(Little Ankh)のお気に入りの精油の一つ「TAOASIS」

TAOとOASISが組み合わさったネーミングと紫のデザインが素敵です。

中ほどに見えるのが「バジル」の精油。皆さんがお料理に使うあのバジルです。
バジルの精油は強壮効果や頭脳明晰作用などがあり、インドのアーユルヴェーダでは欠かせないものですが、私は香をブレンドする時、少しこのバジルを加えると暖かな日ざしが差し込むガーデンのイメージが湧き上るのでとても好きです。

今日はこのバジルの精油を使ったレシピを紹介します。

〜エデンの園〜

バジル…1滴
ネロリ…1滴
ベルガモット…1滴

小皿に植物油(オリーブ油やホホバ油)を大さじ1杯とって、精油を加え混ぜるだけ。
それをみぞおちに深呼吸をしながらやさしくすりこみます。

暖かい日ざしがマニプラチャクラに注がれ、とてもリラックスします。
就寝前に、すりこんで寝れば、夢の中に天使が遊ぶエデンの園が現れる
かもしれません。

※ベルガモットには光感作用がありますので、日中のご使用はお控えください。

Little Ankh




2006年04月01日

サクラの前でサァーと両腕を広げてみる

さぁサクラが満開ですね。今日は皆さんお花見でしょうかね。

サクラの語言説を調べてみると、民俗学的には山の神「サ神」の宿る木
だとか、穀物の精霊「サ」が宿るイワクラなどと言われますが、
私は富士山の女神コノハナサクヤ姫の「サクヤ」が転訛したとする説が
好きです。

サクラは日本人の心の象徴、そうつまりエネルギー的には日本人の
ハートチャクラに深く関わっています。

西洋人にとってのローズに対応しますが、サクラがバラ科なのも偶然
ではないでしょう。

そして、サクラは漢字では「櫻」と書きます。女性の貝…。
つまり、女性性の開花をイメージさせます。

「サク」はコトダマ的にもまさに開いていくことを意味します。

皆さん「サァーサァー」と言ってみてください。自然と両手を広げて
しまうんじゃないでしょうか(笑)


サクラにこめられたメッセージは「受容の愛」…

すべてを許し受け入れる、女性的な愛



そして、サクラは春の象徴でもあります。これは神経系的には冬という
厳しい季節に生死をかけた不安や緊張感(こわばり)からの解放。

つまり安心とリラックス…

これは、日本人がサクラにこめられたメッセージである「受容の愛」を
取り戻すことによって、人類の冬の時代を安心と開放感に彩られる
春という時代に導く大きな役割があることも意味しています。

sakura2.JPGhaert.jpg
満開のサクラ…。
その木に向かって、両手を広げて大きく深呼吸してください。
そして「さぁ私は無限に開いていきます」と宣言してください。
胸のハートチャクラがサクラとともに大きく咲いていくイメージを
してください。

「私はすべてを許し、すべてを受け入れます。
   長い冬の時代は終わりました。私は私の春を思う存分楽しみます♪」

皆さんサクラとともに地球の春を祝ってみませんか!
illustration by Little Ankh
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。