2006年06月01日

女神の履歴書・1

チベットの女神・ターラ菩薩

tara.jpg
私の源は光
そこには愛と智慧と力が宿っています
この源が明らかになるよう、わたしは成長への旅を歩んでいきます
心の暗闇の雲が取り払われたとき、
無限の愛、智慧が沸き上がります
扉を閉ざしているのは自分の心であることに気づき、
わたしはこの心を清め、心が澄み、愛に満たされるよう精進します
そうすれば、障害は取り除かれ、進む道が輝き始めます
調和し、成長していくという宇宙の法則を理解し、
この世に共に生きるあらゆる生命と分かち合い、
助け合い、生きていきます
わたしの内なる神があらわれるよう生命を高めます
ターラのように考え、話し、行動します

世界中で一番高い山の頂(チベット)に、観音菩薩が住んでいました。観音菩薩は地上を見下ろしては、苦しむ存在を助けようとしていたのですが、すべてのものを救うことができずに、その目は涙で溢れてしまいました。
その慈愛の涙がこぼれ落ちた場所には蓮の花が咲き、そこから・・・右目の涙からは白いターラ菩薩が、左目の涙からは緑ターラ菩薩が生まれました。

観音菩薩は、あらゆる方角を見渡して助けの必要な存在を見つけると、ターラに知らせました。急いで助けが必要な人には緑のターラ(緑色には早く移動できる力が宿っているのです)が風のように素早く駆けつけ、優しさや慈愛が必要な人のところへは白いターラが近づき、恐怖を超えられるよう力を与えてくれるのです。その身軽さは、片足をわずかに伸ばした姿で表されています。

チベットにおいて、この女神は絶大な信仰を集めています。ターラ菩薩に祈ることで、修行の成就や心の平安、災難から身を守ってもらうなど、さまざまな願望が叶うと言われているのです。

「二十一尊ターラ礼讃経」というマントラは、ターラの持つあらゆる21の側面について編まれています。慈愛、怒り、喜び、智慧、豊かさ、浄化・・・。この祈りを唱えることで、私たちのなかに眠っている可能性を目覚めさせていきます。

ところで、この「二十一尊ターラ礼讃経」を踊りに昇華させたダンサーがいます。アメリカ人のパフォーマーで、インド伝統舞踊の教師であったプレマ・ダサラによって・・・彼女はチベット仏教に帰依し、その修行と祈りのなかで、マントラはターラマンダラダンスとして新たに生まれました。
このダンスを踊ることによって、私たちのあらゆる側面を受容し、愛と平和の祈りを身体的に表現していくのです。

このダンスセレモニーは後に、ダライ・ラマ法王によって祝福を受け、世界各地に広まりました。
ここ日本でも、あらゆる場所でセレモニーが行なわれています。近年、マントラは日本語に訳された歌に発展しました。(歌はハワイのターラ寺院で天から降りてきたそうです)
来月、7月には沖縄で開催される予定とのこと。誰でも参加できます。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょう☆

★mixi・コミュニティ「ターラ -ヒノモトJAPAN-」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=704347

★mixiを見ることができない場合のお問合せは・・・
小池マナさん amanahibikiai369@rainbow.plala.or.jp

★ターラの日本語の歌に興味のある方は、小嶋さちほさんのHPへ
http://www.songstar-donto.com/family.html

最後に、ターラ菩薩を呼ぶ簡単な合い言葉(マントラ)を紹介します。
「OM TARE TUTARE TURE SOHA」
(オン タレ トゥタレ トゥレ ソーハー)
「空、母、恐怖からの解放、受容し与える」という意味です。助けが必要な時に・・・ターラがそばに来てくれていること、そして愛のエネルギーが感じられるかも・・・

☆☆☆

ウーマンズ・スピリチュアリティではそのテーマの通り、女性の精神性/霊性(または女性性)についてさまざまな角度から取り上げていけたらと思っています。もちろん女性限定というわけではありませんので、男性の方もご安心を・・・☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。