2006年08月01日

リニューアル!

マヤ歴でも新年になり、いよいよ8月ですね。

先月は充電のため、ほとんど更新をしていませんでしたが、
新たにリニューアル、タイトルも「Natural Magic Net」
改め、再開させていただきます!

創りこんだテンプレートを手放すのは、もったいないような
気もしますが、夏だし暑苦しいので思い切って変えてみました。

「School」「Net」に改めたのは、先日都内某所で開かれた Natural
Magic Net 秘密会議での決定事項です。

「私たちは謙虚に宇宙や自然、内なる自分、私たちの鏡である他者
から学ぶのであって、そういう意味で教師は全ての生きとし生けるもの…。
Schoolだとどうしても書き手である私たちが教師のようなイメージになって
しまうので、ただそれらとつながるという意味で当初のNetに戻そう!」

ということで「Natural Magic Net」になりました。

皆様、今後ともよろしくお願いします!

Natural Magic Net 一同
posted by anubis 22 at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆Natural Magicとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

インターネットという意味

毎日暑い日が続きますね。

Anubis家は、ほとんどクーラーを使わないので、暑い日はボーっと
過ごすだけで、あまり活発な行動や思考活動が出来ません(笑)
だからブログの更新もそんなテンポになってしまっています。

PCって付けるだけで部屋が暑くなる感じですね。

今日は私の心の友人「アシュラム・イグノラムス」のhinaさん
ブログを終了したというコメントをいただきましたので、久々に
PCに向ってます。

hinaさんといえば、私が方々のブログに関わりあいはじめてからの
ブログ仲間。

最初は頻繁にコメントをやり取りしたり、一度だけ実際にお会いしたり
しましたが、最近はあまり実際的なやり取りをしていませんでした。

なぜなら、その必要がなくなってしまったからです。

言葉や実際に会って話さなくても、お互いが見えないつながりで
交感し合っている。

そんな確信をいつもhinaさんに感じていました。

インターネットって誰が創ったの?

インターネットは宇宙の見えない構造を知っている人によってデザイン
されています。

宇宙には見えないホストコンピューターがあります。そしてそれを
中心に全ての存在(魂)をつないでいるネットワークがあります。

そう、みんなつながっているのです。

インターネットとは、人類の皆さんにその壮大な見えないネットワーク
に気が付いてもらうための自動車教習所として創られました。

だからいつか卒業する日が来るのですね(笑)

ブログは個々人が魂の表現が出来るのだ!そして、そのつながりが世界を
創るのだ!と気付くためのもの…。

そしてそれは私たちが生きている瞬間瞬間にも全く同じことが起きています。
私たちが日々生きることは魂の表現なのです。そしてそれらは見えない世界
でつながりあって、私たちのこの世界を構築しています。

だからhinaさん、これからもよろしくお願いします!
交感という新しいネットワークで楽しい世界を創っていきましょうね。

この素晴らしい出会いを導いてくれた全ての存在、そして女神ヒナに感謝いたします。

Anubis 22


<ポルネシアの創世の女神ヒナ>

ポリネシア人は「創造女神ヒナ」を「月」と呼んだそうです。ヒナは最初の女性で、すべての女性はヒナを型どって造られたとされます。雛形もここから来ているのでしょう。女神ヒナはあまりに美しいため、その姿を直接見た人はいません。ヒナは戦士と旅人に守護を与え、芸術家と職人を助けます。

自分の内側を輝かせたいとき、クリエイティブな仕事をしたいとき女神ヒナを呼びましょう!




posted by anubis 22 at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

水の力

私たち生きとし生けるものは海・水から生まれました。
海から陸へ上がっても「水」は私たちにとって無くてはならないものであり、私たちの身体の半分以上が水分であるということから、私たちは存在自体が「水」であると言っても過言ではありません。

文明は、常に水のそばで生まれて栄え、そして古代から宗教儀式において、水は欠かせないものでした。
古代ギリシャでは、泉を中心に神殿は建てられ、その場所は世界の中心とみなされました。巫女は水に足を浸しながらトランスに入り、天からの啓示を受け取っていたのです。
そして、イエス・キリストはヨハネによってヨルダン川での洗礼を受け、天の神からの祝福を受けました。
また神道では「禊ぎ」として水を浴び、身体を清めます。同様に、あらゆる宗教のほとんどが水を聖別のために使用しているのです。

さて、水はあらゆる波動を転写しやすい物質です。
江本勝氏の水の結晶写真の実験によって、愛や感謝や祈りの言葉が水の結晶を美しく作り上げていくことが実証されました。と、同時にネガティヴな言葉が歪んだ結晶を作り上げていくことも。

参考HP・水からの伝言
http://www.hado.com/

水で作られている私たちも、日々さまざまな波動にされされ影響を受けています。自分の感情や思い、発した言葉、他者から向けられた感情、言葉、出来事、パソコンや携帯から受ける電磁波などなど・・・。これらを次の日に持ち越さないためにも、一日のしめくくりにリセットしましょう。

お風呂にひとつかみの海塩を入れて、ゆったり浸かりましょう。もし好きな香りのアロマに包まれたいのなら数滴たらしても良いでしょう。海塩の力が最大限に引き出せるよう、天然のものを選んでください。
海塩も浄化作用を持ち、天然の消毒剤です。そして海は塩水であり、母なる海は私たちの未消化になってしまった感情をも解消してくれるのです。またチャクラのバランスも整えられます。
もし、特定の悩みごとがあるならば、しばしの瞑想とともに、こう唱えてみてください。

「水よ、私を浄化してください。
私のマインドがクリアになり、悩みが解決していきますように」

この言葉にこだわらずに、心に浮かんだ言葉で。好きなように。母なる海に語りかけ、そして祈ってみましょう。

☆☆

日頃私たちは、ほとんど意識をせずに水を使用していますが、水は海から生まれ、蒸気となって天に昇り、雨を降らせ、大地に染み込んだ水は、また大地から湧き出て流れ、川となって海に還ってゆきます。私たちは、その循環の途中で恩恵を得ているのです。

私たちが使用した水も、また循環していくのだという事を意識して、水を使いましょう。
石けんや洗剤は、なるべく自然素材のものを使用しましょう。

posted by beijaflor at 22:01| Comment(5) | TrackBack(0) | ■日々のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

お米のサトルマクロ的考察A

■「0」とは選択されていない状態、無限の可能性

さて、前回の考察で「米」という図形には「0」や「8」がシンボライズされていると考えました。

では、ここでもう少し「0」(ゼロ)という数字の概念を突っ込んで考えてみましょう。

「0」とは何も無い状態を表しますが、もし本当に何も無い状態であればわざわざ形象化する必要がありません。

「0」(ゼロ)とは何も無い状態であり、且つ全てを含んでいる状態を示します。

つまり、プラスマイナス0(ゼロ)という状態は、完全にプラスとマイナスが均衡状態にあり、全く動きが無いので私たちには捉えることができない状態を意味します。

私たちが住む3次元世界では、プラスとマイナスの誤差があって初めて五感として認識できるのです。


以前にも同じような図を使いましたが…

+-.JPG

左=「0」の状態、全く動きが無いので私たちは見ることが出来ない。
右=+と−の差がある状態、動きがあるため私たちの五感で確認することができる。


■陰陽の誤差があるからこの世に存在できる

もちろんプラスマイナスを陰陽に置き換えることが出来ます。

桜沢如一は「無双原理の12定理」の(8)で

「一物といえども中性なるものなし。必ず陰陽多寡あり」

と言っていますが、この世(3次元、物質の世)では陰陽の多寡(差)がないと存在できないことを意味しています。

つまり完全な中性(陰陽が均衡状態)では、この世の物質として存在できません。
これは逆に、あの世は完全な中性の世界であることも示しています。(笑)


この世=物質の世界…陰陽の多寡がある不均衡な状態が、様々な動きを生み出すダイナミックな世界(有限の世界)
あの世=エネルギーの世界…陰陽が完全に均衡状態で、動きの無い静寂な世界(無限の世界)


■たまご(種)=「0」の形象

皆さんたまごを思い浮かべてください。

たまごは完全にエネルギーが均衡状態の「0」を象徴します。
ほぼ全ての「たまご」(種)といわれるものは、動物性であろうと植物性であろうと「0」の形をしています。

そのたまごが割れる状態(芽を出す状態)を、つまり均衡状態が破られることを「生まれる」と言います。

「種」という「0」は選択されていない状態=∞無限の可能性を含んでいます。(この世に生まれていない状態)
それに対して「成長」とは無限の可能性から一つ一つを選択していくことを意味します。ある意味、可能性(無限)を限定(有限)していく状態の象徴でもあるのです。

種としての「お米」を食べる意味は、「無限の可能性」というキーワードとして次回は読み解いてみたいと思います。

<続く>
いつんなったらコメが出てくるだぁーとお怒りの皆さんもう少し待ってね!

inyou.jpg

太極図は陰陽差「0」のエネルギーの均衡状態を表す









2006年06月22日

雲の上の天使

kumonoue.jpg

これは小田急線梅ヶ丘の空の上で見かけた天使です。映画「ハウルの動く城」を見たとき、私の見た天使に似た姿で飛行する変身したハウルをスクリーンに見つけてうれしくなりました。
「天使のメッセージ」のシリーズなどで有名な中森じゅあんさんは、銀座線青山一丁目の駅を出たところで空を見上げたら、おびただしい数の天使を見たそうです。
ところで今日はanubis22さんが宇宙から日本に降りてきた日らしいです…
これもまた天使の降臨なのかは謎です。
posted by little ankh at 21:14| Comment(4) | TrackBack(0) | ■天使の回廊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。